2018年2月15日木曜日

「ドカ雪祭り」出店のお知らせ

2月16~18日の3日間、岩見沢駅東市民広場公園にて毎年恒例の「ドカ雪祭り」を開催致します。
会場ではキジ汁や豚汁の無料配布や雪を使ったアトラクション等で楽しむことが出来ます。

宝水ワイナリーは17日と18日の2日間に出店し、ボトル販売を行います。

まだまだ寒い日が続きますので、ご来場の際は暖かい服装でお越し下さいませ。

-----
「IWAMIZAWA ドカ雪祭り」

開催期間:2月16~18日(ワイナリー出店は17~18日)
開催場所:岩見沢駅東市民広場公園(JR岩見沢駅前東側)
アクセス:JR岩見沢駅を降りてすぐ
お問合せ:岩見沢市観光協会 Tel:0126-22-3470
ホームページはこちらから
-----

2018年2月11日日曜日

ルミアージュ開始

「ルミアージュ」とは、瓶口に澱(オリ)を集める作業のことです。

瓶内二次発酵が終了したスパークリングワインを写真のようにピュピトルという木製の台に立て、
左右に瓶を回しながら立てていき、瓶口に澱を集めます。
まずはナイアガラスパークリングから作業開始です。


瓶口にたまった澱は「デゴルジュマン」という作業で抜きとります。

ワイナリー2階から見学できるように工場内にも1基設置しました。
皆様のお立ち寄りをお待ちしております。

2018年2月2日金曜日

しばれる日

本日2月2日、岩見沢は-16℃を観測しました。
北海道の方言で、厳しく冷え込むことを「しばれる」といいます。
今日はそんなしばれる日です。


品種によって凍害を受けてしまう寒さですが、北海道のブドウ栽培では樹が雪の下に埋まることにより、樹が直接寒さに晒されることなく越冬できます。
幸いこの1週間は降雪量も十分で、ブドウもすっぽり雪の布団で休眠中です。

ワイナリーバルコニーから
ピノ・ノワールは雪の下へ



2018年1月16日火曜日

アルコール分析

工場での作業が落ち着いてきたので、ワインのアルコール分析を行いました。
中学校理科の実験でも取り上げられる一般的な方法です。
水とアルコールの沸点の違いを利用し、加熱・蒸留・冷却の工程でアルコールを取り出し、
比重を測定することでアルコール度数を分析できます。
(写真:レゲントの分析中)

2018年1月9日火曜日

「第23回 北を拓く 道産ワインの夕べ」開催のお知らせ

2月15日にホテルロイトン札幌にて、道産ワインの夕べを開催致します。


第23回となった今回も道内のワイナリーが多数集まり、ビュッフェ形式のお料理と共に道産ワインを楽しむことが出来ます。

当日は私達宝水ワイナリーも会場に出向き、ワインを提供致します!

1つの会場で多くの道産ワインを楽しめる機会はなかなかございませんので、是非皆様お誘いあわせの上、お越し下さいませ。

会場にてお待ちしております!


※尚、チケットは「前売り券」のみとなっており、当日券はございません。予めご了承下さい。


-----
第23回 北を拓く 道産ワインの夕べ

日時:2月15日 18:30-20:30
場所:ホテルロイトン札幌 3Fロイトンホール
料金:5,500円(前売り券のみ)

主催:道産ワイン懇談会
お問合せ:ワインクラスター北海道(tel:0134-64-5581)
-----
※宝水ワイナリー直売所でもチケット販売を行っております!完売の場合もございますの で、お気軽にお問い合わせください。





2018年1月8日月曜日

新年の御挨拶

既に1月8日ではありますが、新年明けましておめでとうございます。

宝水ワイナリーは1月5日より2018年の営業を開始しております。
本年も皆さまに愛されるワインを醸造できるよう、ブドウ栽培から力を入れまして、精進して参ります。

積雪が少なくブドウ樹が隠れなかった昨年に比べ、本年はクリスマス後にまとまった雪が降り、現在は雪の中に隠れて休眠しています。


2018年も宝水ワイナリーをどうぞ宜しくお願い致します。

※1月〜3月の間、直売所は「水曜日が定休日」となります。


2017年12月17日日曜日

新発売のお知らせ

明日12月18日より「デラウェア2017」の販売を開始致します。

早くも2017年ヴィンテージの登場となりました。
余市町産のデラウェアを使用した果実の風味豊かでクリアな白ワインとなっています!
是非、お試し下さいませ。


-----
デラウェア2017

価格(税込):1,850円
味わい:やや辛口の白ワイン
アルコール度数:10.0%
ブドウ産地:北海道余市町産



トロピカルフルーツのような香りを持ち、軽快な飲み口と程よい酸味を楽しめる
やや辛口の白ワインです。
良く冷やしてお召し上がりください。 
-----